2012-05-12

恋よ恋(10)

 来尾の意図を測りかね、香穂は無言のまま顎を引くことで肯定に代えた。
 「あれ、何なの」
 「あー…」
 若干睨むようにしながら問いかければ、怪魔はちらりと夕姫の方を窺う。すると下界の人の子はとにかくと言って肩を返した。
 「雨が降りそうだし、家に入りましょう?来尾ちゃんも、よかったらお茶して行って」
 「あーうん、サンキュ。このガキんちょともうちょっと喋ったら、すぐ行くよ」
 「あら、ずいぶん香穂ちゃん達が気に入ったのね」
 くすりと笑うのへ、来尾はけっとばかり肩をすくめて見せる。
 「そんなんじゃねーけどサ。とーるに会ったら、こいつら一人占めしよーとすんだろ?」
 「…ああ…」
 夕姫が、妙にのろのろと笑んだ。
 「そうねえ。お兄ちゃんは蕾ちゃまたちが大好きだから、香穂ちゃん英ちゃんに会ったら大喜びよね」
 「…?」
 女の声がわずかに低かった気がして、香穂は思わず夕姫の顔を見上げる。そこには変わらず微笑があったが、何となく顔色が悪いように見えた。
 「夕姫ど」
 「じゃあ、先に行ってお茶の支度でもしておくわね」
 加減でもと問おうとした先、彼女はにっこりと言って我が子の手を取った。何事か促し、二人で家の方へと歩き出す。
 しばしその背を見送り、香穂は怪訝に立ち尽くす。ふと何かが手に触れ、見下ろしてみると英が手を繋いで来ていた。その弟の視線は、ひたすら怪魔に向いている。
 「うーん…」
 一方の来尾は、困った顔で腕を組んで小さく唸った。雨の予兆に冷え始める大気に包まれ、やけに深刻そうな様子に見える。
 「ねえ、ちょっと。私たちと話したいんでしょ?さっさと口開きなさいよ。何が言いたいの?さっきの、怪魔のこと?」
 痺れを切らした香穂がずばり切り込んだ。
 「へあ?あ、うん、まあ」
 「何よ、はっきりしないわねえ。そもそもあれ何なのよ。怪魔だってことしかわかんないけど、よくないものなの?」
 ぽんぽん言うと、来尾が一瞬きょとんとしたあとプスリと笑った。
 「何よ」
 「いや?べっつにー。ただ、オメーラみたいのには、俺らなんかは怪魔だってだけでよくないものなんじゃねーのと思って」
 「母上は、そういう言い方はなさってないわ」
 すらりと出た答えに、怪魔はまた目を瞠ってから笑う。今度は、なにやら嬉しそうな照れくさそうな顔だった。それが、だんだんニヤニヤに変わって行く。
 「ふーん、そっかそっか。御大花将がねえ。アイツ、案外話せるとこあるよな」
 ちょっと懐かしむような目をして、彼は表情を引き締めた。
 「母上のことをアイツとか」
 「んーじゃま、その信頼にオコタエして、ってか」
 香穂の抗議を遮り、さきほど小さな怪魔が消えた地面を指差す。
 「さっきのあいつは、まあ、害があるっちゃあるし、ないっちゃない…時もある」
 「はあ!?どっちよ」
 「んー…何つーかな。自分次第、ってか。
 「まあ人間の感情をエサにする怪魔の一種なんだけどさ。よくあるみてーに負の感情じゃなくて、やたらやわらかい感情を好むってのが変わってんだよな」
 「よくわかんないんだけど」
 「気ィ短いとこ、かーちゃんにそっくりだな。まあ聞けって」
 軽く姉弟の頭を押さえるような仕草をしてから、来尾は少し照れたように早口で言った。
 「あいつはアレだ、人間の恋心って奴を食うんだよ。こう、あったかい、フワフワした感情とか、揺らぎとか、うーん何てんだろな、期待のこもった不安定さっつーか、まあ、わりと悪くない感情?の部分な」
 「…よくわからないんだけど…」
 「あー。お子ちゃまだもんなあ」
 来尾が肩をすくめて首を振る。そう言えばあの怪魔も子供には興味がないなどと言っていたと思い出し、香穂は不得要領ながらもむかっ腹を抑えて考え込む。自分が恋というものを知らないのは確かだ。
 両親ならば、来尾の今言ったことを完全に理解できるのだろうか。
 と思えば、父の手紙を読めなかったことがなおさら残念に思えた。あれを読んでいれば、少しは現況の理解への助けになったのかもしれない。難しそうだからと人を頼らず、自分で調べながらでも読んでみるべきだったか…
 母に知られれば反省の色が見られないとゲンコツの一つも貰いそうなことを考えつつ、幼仙はふと別のことを思い出して俯けていた顔を上げた。
 「夕姫どのが、あれを見えてなかったみたいなのも、その、あれの能力の影響なの?」
 「ああ」
 来尾がすこし笑った。
 「そりゃーな。下界じゃ言うだろ、『恋は盲目』ってさ。色々見えなくなるモンなんだよ」
 「はあ?」
 怪魔はひどく人めいている。香穂はますます混乱する思いで弟に視線を向けてみたが、返って来たのは話さえ聞いていたのかどうか怪しい笑顔だった。
 「げかいはおもしろいんだね、かぐほ」
 はいはい、と溜め息をつく他にできることがない。見上げた空にぞわぞわと動く黒雲が目に映って一瞬眉を顰めるが、何がしかの感想を持つ前に来尾の声が思考を遮った。
 「まーとにかく。あいつに憑かれてるとなると、夕姫はちっと厄介かもしんねーぞってハナシだよ」
 「そう、なの?具体的にどんな風に?」
 「気持ちを食われちまうわけだから、恋の相手への関心が薄くなる。しかも不平不満ばっかが残ってけば、そのうちにはそんな生易しいモンじゃなくなる、かもな。ホントこればっかは本人次第だけどさあ。今の様子じゃ、夕姫は透への気持ちが変わって来てるっぽい…」
 「ほう」
 不意に、低い、けれど艶やかな声が中空に零れた。同時に、ふわりと芳しくもすずしい香気。





web拍手 by FC2

続きを読む

2012-04-27

恋よ恋(9)

 「夕姫どのっ」
 鋭く飛ぶ香穂の声をよそに、小さな怪魔は夕姫の肩へと跳び乗った。しかし…
 “見える”類の人間だと聞く夕姫に反応がない。
 すぐにそれに気付き、幼仙は怪訝に眉根を寄せた。その視線の先で、怪魔はにやにや笑いながら細い肩に悠々と座り直す。
 「なんで…」
 「んーまあ、今この女とわし、仲ようやっとる…ちゅうか一心同体やし?無理に引っぺがしたらえりゃあことになるくらいやで」
 「!?」
 「香穂ちゃん?英ちゃん?」
 怪魔の発言に衝撃を受ける双子たちの様子に、夕姫は困ったように首を傾げている。声すらも聞こえていないらしい彼女に、
 「そこに怪魔がいるんだよ」
 やはり困った顔で答えたのは英だった。
 「えっ!?」
 夕姫が慌てて幼い指の先を辿り、行き過ぎて自分の背後を見返る。そこで、あらと小さな声を上げた。同時に、姉弟も新たな緊張を浮かべた。
 木々の向こうから、えっちらおっちら近づいて来る姿が透けていて、しかも、その気配はまたしても闇に属する者と感じられる。人の形と大きさを持つその姿に新たな警戒を見せる二人は、小さな呟きを聞いて目を瞬いた。
 「来尾ちゃん」
 夕姫の零したその名には覚えがあった。少なくとも香穂には。母がたった一度出した名でも忘れるわけがない。
 しかしその名の持ち主も怪魔であったはず…もしや、この小さい方と何らかの繋がりがあるのか。香穂の優秀な脳味噌はいささか性急な疑いをはじき出す。するとそこから、結論めいたものも振り出て来た。
 この怪魔二者がつるんでいるものなら、やはり害はないということではないのだろうか。母が来尾を語る口調には深刻な嫌悪がなかった。結界以上に、そこに信を置いてもいい気がする。
 香穂は慎重に警戒を残しながら考えていたが、そこへ夕姫が少し焦った様子で振り返る。
 「あっ、あのね、あの人は大丈夫なのよ。いえ人じゃないけど、怪魔だけど、ええっと…」
 「…来尾という者のことは、聞いています。何でも、薫さまのすとおかあとかいうものだそうですね」
 「スト…」
 夕姫が絶句している。知らず肩の怪魔と顔を見合わせる形になったが、それでも表情にも様子にも変化はなかった。
 「えーと…まあその、でも、いい人よ?時々意外と役に立つし」
 意外と辛辣なことを言っているうちに、来尾はざくざく歩み寄って来る。大きな木の陰を回ったところでこちらに気づいたらしく、にぱっと間の抜けた顔で笑って片手を挙げた。
 「よっ」
 ほぼ同時に、夕姫の肩から小さな怪魔が消えた。転がるように地面に飛び降り、そのまますうと地中に消えていく。
 「…?」
 経緯が理解できない。しかしとりあえずの危機はないようだ。
 明らかに緩んだ香穂の警戒に、英がさらに敏感に反応した。ほっと肩の力を抜く様子に、今度は香穂自身が引っ張られる。疑いは残しながらも、幼い姉弟はともに緊張を緩めた。
 「来尾ちゃん、ひさしぶり」
 「ん」
 声をかけられて、小さな仲間の消えて行ったあたりを見ていた来尾が顔を上げる。
 「あ、おう、ここんとこちょっと忙しくてさあ。薫さま不足だーって思ってたら、なんかこの辺に天仙の気配感じて」
 来てみた、と。省略された語を脳内で補って、香穂は確かに目の前まで来た怪魔は妙香花仙を慕っているらしいと妙に納得した。なんと鼻がきくのか。
 「んで、このガキんちょども、何?」
 せっかくのニュートラルな感情が、その一言でぐらりとマイナスへ転じた。ガキんちょとは何かガキんちょとは。
 「無礼も…」
 ぱっと見上げて抗議しかければ、怪魔はすとんと腰を落として目線を合わせて来る。
 「どっかで見たよーな…」
 頭の悪そうな顔でしきりに覗き込んで来るので、香穂はちょっと身を引きながら睨んでやった。来尾の方はそれも見ずに、今度は英に目を移している。
 「なー。もしかしてこいつらってさあ」
 ふふ、と夕姫が笑った。
 「そうよ、蕾ちゃまと東雲さんの子供の、香穂ちゃんと英ちゃん」
 「やっぱそーか!」
 だはは、と笑いながら怪魔は子供の頭をばすばす叩いて来る。
 「ナマイキそーなとこがそっくりだな!でもかわいーじゃん」
 「ちょ、ちょっと!」
 香穂はぐらぐら揺れる頭を抱えて声を上げた。珍しく慌てている姉を、弟がきょとんと見ている。
 なにやら屈辱を覚え、女児は真っ赤な顔で罵声を浴びせてやろうと大きく息を吸った。そこへ、うって変わって低い囁きが落ちてくる。
 「なあ。さっきの…見たよな?」







 
  web拍手 by FC2

続きを読む

2012-01-06

ぎぶあっぷ2かいめ

 遅ればせながら、明けましておめでとうございます。

 新春から不景気な話で申し訳ありませんが、BUD本、今度のインテでも出ません…
 通常でしたらまだ諦めるには早いのですけども、私メちょっと睡眠を摂っておかないとまずいのです~。
 8日が過ぎて通常通りの日々に戻ったら、イベント関係なしになるべく早く発行するようにします。追記にちらりを入れておきますので、妄いやその想像をたくましくしながら待ってやってくだせい…

 一応再度告知しますと、1/8は6号館Aゾーン「ユ」30a「AKADEMIA」です。






web拍手 by FC2

続きを読む

2011-12-19

恋よ恋(8)

 「はい、到着。お疲れ様」
 草地に車を駐め、夕姫が振り返る。
 「雨が降る前に着いてよかったわ。お兄ちゃんはあてにならないし…」
 後半は小さく呟いたところで彼女は、しきりにドアを押してみている英に気付いた。同時に、みしりと車が軋む音。
 「きゃー、待って待って待って。今開けるから!!」
 慌てて車を降り、英のいる後部左側に回り込む。
 「ごめんなさい、チャイルドロックしてあるから、中からは開かないの」
 外からドアを開けながら言うので、知らない単語を聞いた香穂が早速好奇心を浮かべた。
 「ちゃいるどろっくって何ですか?」
 説明してもらっている間に、英がすぽーんと飛び出して行く。香穂も夕姫に助けられながらごそごそ這い出し、人界の山の空気を嗅いだ。
 雨が近いせいだろう、湿った、濃密な緑の匂いがした。
 まるで包まれるような…思った時、背後いや足元で小さな声がする。
 「はーしんど。まーはい戻って来てまったがね…まっと街におりゃええのに」
 「?」
 聞きなれない訛りとしわがれた声に、香穂は不審のまま周囲を見回した。すると車の下に、べれんと伸びている奇怪な生き物を発見する。大きさは大人の膝下ほどか。餓鬼のようなガリガリの手足に突き出た腹、土色の肌。申し訳程度に腰布を着け、とがった大きな耳をぴくぴく動かしている。
 「え…」
 これはもしや、と思った瞬間、それと目が合った。
 「ん」
 相手は嫌そうに顔をしかめ、しっしっと追い払う動作をする。
 「何やの、ほんなじろじろ見んといてちょうせんか。今ちょう、気分わりいんやで。そもそもわしはガキんちょには興味あーせんのやわ」
 「…?何言ってるかわかんないんだけど、あんたって…」
 こちらも眉を顰めている香穂の横に、英がやって来た。
 「どしたの、香穂。それなに」
 「怪魔、よね」
 「えっ!?」
 「ほうやよ?」
 驚くのは英一人、言い当てられた方は平然として草の上に座りなおす。
 「でもなんで、母上たちの結界の中に…」
 呟く香穂を、彼は腕組みの片肘を持ち上げるように斜めに見上げた。
 「そらアレやが。そーも害があーせんのは通れる、ザルみたいな結界っちゅうことやがね。ほんでもわしくらいやと、やっぱちょお気分悪なってまうんやけどな」
 自分が小物だと言っているのかそうでもないと言いたいのかわからない。とにかく胸を張る怪魔に、香穂はちょっと考え込む仕草を見せたが、じきにひとつかぶりを振った。
 「どっちにしても、夕姫どののお側にあんたみたいなの置いとくわけに行かないわ」
 「お?」
 厳しく言う幼児姿の天仙に、怪魔は面白がるようにつるんとした頭を振りたてた。
 「まあ鼻息の荒いお子様やな。ほんだってどうする気やって?」
 小さな姿がすっくと立ち上がる。そこへ、自分の子供の手を引いた夕姫が車を回って来た。
 「お待たせ、香穂ちゃん、英ちゃん。うちへ入りましょうか」
 「あ、夕姫どの、来ちゃだめ…」
 叫ぶ香穂の声と同時に、怪魔はぴょんと地面を蹴った。




 
  web拍手 by FC2

続きを読む

2011-11-27

恋よ恋(7)

 「やっぱり…貴方達がまだ赤ちゃんの頃に、1回だけ蕾ちゃまが連れて来て会わせてくれたのよ。まだあんまり飛べなくて、今のうちなら脱走もできないからって」
 おかしそうに夕姫は笑い、姉の隣に英を降ろした。
 「でも、もう自力で下界へ降りて来られるくらいになったのね」
 「ええまあ」
 香穂が曖昧に頷く。実際に脱走して来ているのだが、もちろん黙っておいた。
 「蕾ちゃまは元気?しばらく来てないけど」
 「はい、お蔭さまで。父上から文が来るといつもですけど、ここ数日は一層花気が充実なさってます」
 「あら、うふふ。相変わらず仲がいいのね。もう6年、かあ…」
 話しながら、母の友人の視線は自分たちと彼女自身の子供の頭の上を流れる。成長具合を比べているのだなとわかったが、夕姫は何がしか納得の様子を見せた。天仙の子であることを、か。年齢ならば香穂たちは彼女の子供の倍ほどだろうが、見た目は同じ年頃にしか見えない。
 しかし6歳児には6歳児の矜持がある。香穂はできるだけの威厳をかき集め、しっかりした口調と視線を夕姫に向けた。
 「でも、ちょうどよかったです」
 下界へ社会見学に来たので母の友人である透どのと夕姫どのを頼ろうと地図を見に行くところでした、と大嘘をかませば、人間の女性があっさり首肯する。
 「そうなの、天界もいろいろと大変ねえ。でも、香穂ちゃんくらい賢いと蕾ちゃまも安心して送り出せるわね」
 と来たものだ。
 「私も、ちょうどお買い物に街へ出て来ててよかったわ。じゃあ…もう用事も済んだし、ひとまず一緒にうちへ行きましょうか」
 にっこり差し出される、願ってもない申し出。
 「うん!」
 「お世話になります」
 元気よく拳を突き上げる弟を押さえつけ、香穂は諸共に頭を下げた。




 「いやだ、雲が出て来ちゃった…」
 車のフロントガラス越しに空を見上げ、夕姫が小さく呟いた。香穂がバックシートから身を乗り出してみると、なるほど黒い雲が隣の山の端にかかり、もくもくと育って行こうとしている。
 「洗濯物を取り込むのに間に合うかしら?お兄ちゃんが気がついてくれるといいんだけど…無理かなあ」
 さらにぼやくうち、英がふわりと浮き上がって窓ガラスに張りつく。自分も雲を確認して、後列中央に座る姉を困ったような顔で見返った。
 「かぐほ?」
 「だ、だいじょうぶよ…鳴り出すとは限らないじゃない。なんかさっきから足元が落ち着かないけど、そんなの関係ないんだからっ」
 女児はよくわからないことを言ってシートの背にばふともたれた。反対隣のチャイルドシートに収まった人間の子供が、英を見ながらぱたぱた両手で羽ばたいてみている。
 「なあに?どうかしたの、香穂ちゃん」
 「いえ、何でもありません。あとどれくらいですか?」
 運転手に問われて、香穂は殊更に何気ない表情を繕って質問を返した。
 「そうねえ…あと30分くらいかしら。疲れちゃった?ごめんね、山奥で道も悪いし」
 「いえ、平気です。木に囲まれてて落ち着きますし、それに…ここは母上と、たぶん父上の気配を感じます」
 「ああ!」
 夕姫の声が弾んだ。
 「この辺りは蕾ちゃまと東雲さんが結界を張ってくれてるから」
 「やっぱりそうなんですね」
 「父上?」
 英がびっくり目で姉を振り返る。香穂は重厚に頷き、弟をシートに引き戻した。
 「そうよ。父上の文と同じ感じがするじゃない?
 「って言うかあんた、ちゃんと座ってなさい。飛んでるところなんてひとに見られたら、夕姫どのに迷惑がかかるかもしれないのよ」
 「そうなの?ごめんかぐほ」
 「私に謝っても仕方ないでしょ。いい子にしてなさい」
 「はあい…」
 姉弟のやりとりに、前席で小さく噴き出す音がする。
 「香穂ちゃんは本当に東雲さん似ね」
 夕姫の声は、おかしそうでも嬉しそうでもあった。




  web拍手 by FC2

続きを読む

カウンター
最新記事
カテゴリ
検索フォーム
みなみなみグループ(笑)

当ブログサイトは、BUD BOYコンテンツをお持ちのサイト様に限りリンクフリーです。※バナーは記事「リンク」の追記にあります。


ごちゃまぜ本サイト/AKADEMIA


スキップ・ビート!/花のうてな


同/でぢたるAKADEMIA


管理画面

RSSリンクの表示
QRコード
QR
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: